オホーツク海高気圧や冷夏などについて授業

梅雨などについて稽古をしました。梅雨のピークには、ジェット気流がヒマラヤ・チベット山塊のために2正規の流れに分かれ、1本は我が国上空、1本はオホーツク海北方をすごく蛇行するようになります。その結果、2正規のジェット気流にはさまれたオホーツク海上空で感じがよどみ、オホーツク海高気圧が形成されます。7ひと月中旬あたり、我が国上空のジェット気流が北上して北方のジェット気流に合流すると、我が国界隈は北太平洋高気圧におおわれ、梅雨が明けます。夏にオホーツク海高気圧が発生すると、オホーツク海高気圧の南部の感じは親潮によって冷やされ、寒気で湿った気団になります。冷えた感じは重くなって高気圧が発達し、東日本の太平洋側に北東の白々しい振りが吹き出してくる。こういう振りをやませと効く、こういう振りが貫くと東北に冷害をともなう冷夏をもたらします。このようなことを覚えましたが、知らないこともあったので時間があるときに復習目指すなと思いました。